Yahoo! DMPと連携したGMO MARS DMP。最新活用事例を紹介

2016/04/05
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

GMO NIKKOはマーケティングクラウドソリューション「GMO MARS DMP」とヤフーの「Yahoo! DMP」を連携。シナリオ設計されたセグメントやターゲティングを用い、Yahoo! JAPANとそのネットワークに配信できるようになった。GMO MARS DMPは他社のDMPやネットワークとの連携も積極的に行い、国内の主要サービスはほぼ網羅する。
DMPはロイヤルユーザーの行動特性の可視化に役立つ。そのセグメントを明確にして、行動を分析し類似した新規の見込み顧客層にターゲティング配信を行うのが最近の主流だという。
GMOインターネットのドメイン登録サービス「お名前.com」では、GMO MARS DMPを導入し、ロイヤルユーザーの定義を発見。単純にコンバージョンしたユーザー層へのリターゲティングと比べ、CPAを約47%圧縮することに成功。ロイヤルユーザーに類似した顧客層に広告を配信し、目標CPAを最大70%近くも下回る結果を出したという。
また、ウェブ予約をしたユーザーの情報をもとにリターゲティングを行っていた店舗型サービスを展開する企業では、GMO MARS DMPを導入し、来店予約から最終的な入会に至る転換率を1.8倍に改善した。
【PR企画記事】

2016/3/31 新規見込み層を効率的に獲得!GMO MARS DMPとYahoo! DMP最新データ活用事例 MarkeZine
参照元:http://markezine.jp/article/detail/24025
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: