ウェブマーケティング施策の外注、情報源や決め手は?

2016/04/06
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ディーエムソリューションズの調査結果を紹介。
外部に依頼しているウェブマーケティング施策は、「自社の情報発信のためのコンテンツの見直しによるコンテンツマーケティング」が38.7%で1位。意思決定者に限ると「オウンドメディア施策」が43.3%で1位。
依頼しているウェブマーケティング施策を知ったきっかけは検索エンジン利用が多く、「課題検索」が32.3%、「サービス検索」が18.7%で上位。展示会やセミナーへの参加が続く。
施策導入時のサービス比較にあたって、ウェブサイト閲覧を「必ず閲覧する」「閲覧することのほうが多い」を合わせると9割以上。意思決定者の半数以上が必ず閲覧。
導入の決め手は、「価格」(42.0%)、「機能」(39.0%)、「ブランド」(5%)の順に高かった。

2016/4/4 WEBマーケ施策の外注、決め手と情報源に迫る(ディーエムソリューションズ調べ) ECのミカタ
参照元:https://ecnomikata.com/ecnews/marketing/8519/
元の記事を読む