ユーザーストレスは動画広告の大きな課題

2016/04/07
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

電通が、急速に高まる動画広告のニーズに応えて発表した「Premium Videoシリーズ」。同社の村山氏と、Teads Japanの田中氏が、このサービスを紹介しつつ、企業の動画広告活用について解説する。
ウェブ広告ではコンバージョンが重視されてきたが、動画広告のフォーマットにより、これまでテレビなどの媒体が担ってきたプロモーションやブランディングの役割を期待されてきている。こうした現状を解説する前編に続き、後編では、動画広告のメリットや課題に言及。
KPIは施策目的ごとに設定されるべきであり、認知寄与、購買への貢献をはかる評価基準が必要になってくる。
動画のフォーマットは、ユーザー認知とユーザーストレスの2つの軸でベストな形を探っていくことがポイントになるとし、今後の市場形成にあたって、ユーザーストレスのマネジメントやケアが重要だと強調。
New Balance Japanのキャンペーン事例も紹介する。
前編はこちら

2016/4/5 動画広告出稿時の理想的なKPI設定とは? 電通報
参照元:http://dentsu-ho.com/articles/3851
元の記事を読む