「コンテンツありきの広告」という考え方。今後その方向性は進む

2016/04/07
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

MarkeZine Day 2016 Springで、パルコ、LINE、カヤックの3社が、消費者に受け入れられ、コミュニケーションを活性化するコンテンツについて議論。
LINEの谷口氏は、商品を全面的に押し出すのではなく、コンテンツとして成り立つことが重要と語る。タイアップ企画でコンテンツに対する認識が異なる場合があるが、商品や企業のPRに偏っては今までと何ら変わらないと指摘。LINEスタンプでは、商品PRに寄りすぎたデザインを断ることもあるという。
カヤックの岩田氏は、ユーザーの「あるある感」が落とし込まれているコンテンツに拡散力があるとし、そうしたユーザー視点のコンテクストを考えて企画していると語る。サンリオピューロランドへのO2O施策として行った「ちゃんりおメーカー」は急速に拡散され、リリースから3日間で500万プレイを達成したという。

2016/4/5 LINE、カヤック、パルコが語る「アドではない、消費者とのコミュニケーションの新しいカタチ」の作り方 MarkeZine
参照元:https://markezine.jp/article/detail/24143
元の記事を読む