プライベートDMPを活用。カート放棄シナリオをクロスチャネルで展開

2016/04/07
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

プライベートDMPを活用した総合通販企業の事例を紹介。
ECサイトでカートに投入した商品があるが購入していない「カート放棄」状態の顧客に、シナリオに沿ってクロスチャネルで施策を実施。メールとDMでリマインドを行った。
効果を比較したところ、サイト遷移率は、メールは21%、DMは18%。DMはメールより低いが、サイト訪問者の注文率はメールより2ポイント高く12%だった。
DMは製作・発送などコストがかかるが、オンデマンド印刷の1つであるバリアブル印刷が進化し、パーソナライズDMの配信コストは下がっている。この事例では、メールでアプローチできなかった顧客への購入促進をDMで実現し、クライアント企業から好評を得た。
DMPのシナリオはクロスチャネルアプローチが成果につながると解説。総合通販企業の場合、まずECサイトでDMPを導入し、Eメールでさまざまなシナリオをテスト、成果が出たものをリアルチャネルに展開するケースが増えているという。

2016/4/5 プライベートDMP活用事例:カート放棄シナリオのクロスチャネル展開 株式会社ALBERTスタッフが綴るブログ
参照元:http://blog.albert2005.co.jp/2016/04/05/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88dmp%E6%B4%BB%E7%94%A8%E4%BA%8B%E4%BE%8B%EF%BC%9A%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E6%94%BE%E6%A3%84%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%81%AE/
元の記事を読む