クラゲのようなアトリビューション分析結果。効果を可視化しインサイトを発見

2016/04/11
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ネット販売企業でのアトリビューション分析の結果をビジュアライズしたアート「The Marketing Jellyfish」を紹介。これを活用することで、この企業はデジタルマーケティングの予算を10%削減できたという。
カスタマージャーニーに沿ってスコアリングすると、売上に影響したマーケティング施策だけでなく、ECサイト訪問者がカートに入れた商品数やウィッシュリストへの商品追加、プロモーション動画や商品のレビューを見たか、といった顧客エンゲージメントの強さも理解できる。
このアートでは、「サンキーチャート」で工程間の流量が表現され、円形の「コードチャート」で施策同士の関連性を可視化。これまで気づかなかった施策組み合わせに関するインサイトを発見できた。

2016/4/7 第4回 マーケティングの効果分析をクラゲのようにアートする ITpro
参照元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/032500073/032500004/
元の記事を読む