アドビ、プレミアム動画配信事業者向け製品「Adobe Primetime」を国内市場で本格展開

2016/04/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

「Adobe Primetime」は、放送局や有料テレビサービス配信業者向けの動画配信プラットフォームで、Adobe Marketing Cloudを構成する8ソリューションのうちの1つ。今回、機能追加に加え、販売と導入支援の体制を強化し、パートナーシップを拡大。市場シェア獲得を目指す。
パートナーシップとしては、システムインテグレーションのカタリナ、インターネット視聴率測定のコムスコア・ジャパン、プレミアム動画広告配信ワークフローを提供するサイバー・コミュニケーションズ、動画ストリーミング基盤やDRM、ライブ動画広告挿入を提供するJストリーム、TV広告メディア管理の国内展開を支援するVideology Japanらとそれぞれ協業。
記者会見で、米本社Primetime担当バイスプレジデントのジェレミー・ヘルファンド氏は、世界の動画配信市場規模は3,500億ドルで、日本での市場も急速に拡大していると語った。こうした状況を踏まえ、動画コンテンツの制作から広告も含めた視聴測定、視聴者のエンゲージメントまで一気通貫でソリューションを提供できる強みを活かして、動画配信市場でプレゼンスを発揮するのが同社の戦略。

2016/4/12 「Adobe Primetime」、日本市場で本格展開--パートナーシップを拡大 CNET Japan
参照元:http://japan.cnet.com/news/business/35081033/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!