マーケティングと技術、双方の専門性を兼備。求められる「MarTech」人材

2016/04/19
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

「Marketing Technology」の略で、2014年頃から米国で使われている「MarTech」。このキーワードが登場した背景や要求される能力などを解説。
消費者の購買行動の多くの場面でデジタルプラットフォームが活用されるようになった。マーケティング業務には、ネットやデジタルソリューションに関する知識が不可欠になり、従来の考え方や販売施策だけでは十分な結果を得ることが難しくなっている。
顧客との直接コミュニケーションや、「One to One」の重要性が増すなか、マーケティングとテクノロジーの各知見をかけ合わせたデジタル施策の立案や推進が必要になっている。その両面を担い推進するキャリアの創設や組織の設立が必要と提言し、「Marketing Technologist」の役割を提示。
【一部会員限定】

2016/4/14 マーケと技術の専門性を兼ね備える、「MarTech」人材が求められる ITproマーケティング
参照元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/16/040100023/040100001/
元の記事を読む