MAツールとタグマネージャーの実装を調査。MAツールを十分に活用できていない企業が多い

2016/04/19
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

「Webブランド調査 2015秋冬版」(日経BPコンサルティング)のノミネートサイトと、上場企業のコーポレートサイトを対象に、MAツールとタグマネージャーの実装状況を調査。MAツールとして集計した主要ツールは「Oracle Eloqua」「HubSpot」「Marketo」「Pardot」。タグマネージャーとして集計した主要ツールは「Adobe DTM」「Googleタグマネージャー」「Yahoo!タグマネージャー」。
「Webブランド調査」ノミネートサイトでは、全500サイト中、12サイトがMAツールを導入し、300サイトがタグマネージャーを利用。
上場企業のコーポレートサイトは、全3,604サイト中、34サイトがMAツールを導入し、481サイトがタグマネージャーを利用。
タグの実装状況から推察して活用範囲や導入意図が見えず、MAツール本来の力を発揮できていないケースが多いと考察。改善方法として、「入力フォームとMAツールを連携」「タグ実装範囲を拡大」「コミュニケーションシナリオをしっかりと設計」するよう提言する。

2016/4/12 MAツールとタグマネの実装調査 2016年1月 Nexal コラム
参照元:http://nexal.jp/blogs/20160412114328.html
元の記事を読む