デジタルマーケティング市場の全体像を把握。注目はパーソナライゼーション

2016/05/09
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

LUMA Partnersが公開したスライドをもとに、変化の激しいデジタルマーケティング市場の現状と注目点を解説。
2015年は戦略的買収企業の数が増加し、グローバルなM&Aが見られた。Facebookなど消費者インターネット、Amazonなどコマース、Comcastなど通信をはじめとして、多岐にわたる業種でアドテクやMarTechに焦点をあてた買収が行われ、各社で差別化された顧客およびデータ資産が、戦略的価値とともに競合間の緊張関係をつくっている。
IPOした企業で見ると、伝統的なメディアモデルを持つ企業は評価額を下げ、Criteoなどプログラマティックを推進する企業は価値を維持している。
業界のトレンドとして、「クロスチャネルによるマス・パーソナライゼーション」に注目。Facebookが人をベースにしたマーケティングに長い間焦点をあて続けていることを挙げ、他のソフトウェアベンダーなども同様の対応を図っていることに言及する。

2016/5/2 ややこしいデジタルマーケティング市場が丸わかり!LUMA Partnersのスライドから注目トピックをご紹介 Global Adtech
参照元:http://global-adtech.jp/blog/2824
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!