リードナーチャリング、クロスセルのための動画活用とは今年のテーマ

2016/05/09
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

LOCUSの満留氏とエクスペリアンジャパンの吉澤氏が、動画のマーケティング活用について対談。
この数年で急速にスマートフォン動画が拡大。動画を出稿するための「面」が広がって技術面のハードルも下がり、爆発的に動画のボリュームが増加した。しかし、「とりあえず動画を作りたい」というケースが多いという。こうした現状や動画の利点などを説明する前編に続き、後編では、動画の効果や今後の展開について議論。
ブランディング目的の動画や、ライトなバズ動画などは、直帰率や回遊率を改善し、キャンペーンではコンバージョンが向上することが多いという。
CRMにおける動画マーケティングでは、どのステータスの顧客にどういう動画を出すかが重要なポイント。マーケティングの各フェーズに合わた動画配信は今後のポイントで、どの企業も必要になるとする。
注目のトレンドとして、縦動画やパーソナライズド動画にも言及。
前編はこちら

2016/4/26 本音で語る「これからの動画マーケティング」LOCUS×エクスペリアンジャパン対談(後編) SELECK
参照元:https://seleck.cc/note/experian/article/3
元の記事を読む