モンスト、休眠ユーザーのゲーム復帰を驚異的なコストパフォーマンスで実現

2016/05/10
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

スマートフォンゲーム「モンスターストライク」は、世界3,000万人以上のユーザーを有する人気ゲーム。提供するミクシィ エックスフラッグスタジオでは、新規ユーザーの獲得に加え、休眠ユーザーをターゲットとしたリエンゲージメント施策を実施。
7日以上休眠したユーザーはゲーム復帰率が低くなることがわかっていたため、このユーザーに絞って広告訴求。同時に新規インストールユーザー獲得のプロモーションも行い、DAU(デイリーアクティブユーザー)数の増加と収益への貢献を目指した。
休眠ユーザーをゲーム利用の状況や課金経験の有無によってセグメント化し、メッセージや画像を分けてバナーを作成し配信。CTRで20%以上も高い効率を生み出した。
ユーザー復帰を促進する工夫として、ディープリンク形式の広告フォーマットを利用。Google Adwordsの機能も最大限利用しながら運用した。
復帰した休眠ユーザーは30日間で100%以上のROAS(広告費用対効果)を達成し、DAU増加に寄与しただけでなく収益面でも貢献。並行して展開した新規インストールユーザー向け施策で獲得したユーザーと、30日後のリテンションコスト(ユーザーの残存にかかったコスト)を比較したところ、リエンゲージメント施策は約1/10のコストでリテンションができていたという。

2016/4/27 ゲームアプリ「モンスターストライク」のリエンゲージメント成功事例:休眠復帰施策で効率的なアクティブ ユーザー数の増加と収益化を実現 Google AdWords 公式ブログ
参照元:https://www.ja.advertisercommunity.com/t5/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E8%A8%98%E4%BA%8B/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%90%E5%8A%9F%E4%BA%8B%E4%BE%8B-%E4%BC%91%E7%9C%A0%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E6%96%BD%E7%AD%96%E3%81%A7%E5%8A%B9%E7%8E%87%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96/ba-p/11397
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: