Viewability、一番の課題は計測基準。解決に向け議論進行中

2016/05/10
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Videology創設者でCEOのスコット・ファーバー氏にインタビュー。日本でも議論が活発化している動画のViewabilityについて聞く。
同社の日本における最大のパートナーはヤフー。ヤフーはデータとプレミアム広告在庫を豊富に持ち、業界の中で素晴らしいポジションにいるが、日本市場が他の市場に比べてデータとプレミアム広告在庫が不足しているため成長が遅いと分析。2016年注力領域は、テレビとデジタルビデオの融合だという。
Viewabilityを、広告を閲覧できる状態にあることを保障するものと定義。もっとも大きな課題は計測基準で、米国ではビデオのViewability測定が2013年頃始まり、すでにほぼ2つのオプションのうち、1つが採用されているという。ここ数年、Viewabilityは大きな関心を集めており、業界のプレイヤーは標準化されたツールの構築に取り組んでいる。多くの議論が交わされており、業界全体での進歩は見られるものの、時間はかかると読む。

2016/5/6 Videologyグローバルトップに聞く-改めて理解する、Viewability問題の本質- [インタビュー] ExchangeWire Japan
参照元:http://www.exchangewire.jp/2016/05/06/interview-videology-video/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: