オイシックス、MAツール上でLINEによるOne to Oneコミュニケーションを実施。利便性が飛躍的に向上

2016/05/11
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

季節ものや人気のある商品を毎週届ける「定期ボックス」は、食材宅配ネットスーパー「Oisix」のサービスの1つ。利用者が注文内容の変更期日を忘れることが問題になっており、リマインドメールを配信してきたがこれも見落とされる場合があった。このため、LINEを用いたリマインドを実施。
エクスペリアンジャパンのBtoC企業向けのマーケティングオートメーションツール「Experian Cross-Channel Marketing Platform(CCMP)」を導入して実現。CCMPはLINEビジネスコネクトの連携ソリューションを本格的に提供開始し、オイシックスはその第1弾となった。エクスペリアンジャパンは、機能提供だけでなく企画の提案を含めてサポート。プロジェクトスタートから、1カ月半の短期間でローンチし、定期ボックス利用者の利便性を高めた。
オイシックスでは今後、プッシュ通知やSMSなど、利用者により最適なチャネルで通知やプロモーションができるよう、オムニチャネル戦略を進める意向。

2016/5/10 エクスペリアンジャパン、オイシックスのオムニチャネル化を支援 ~LINEによる1to1コミュニケーションをマーケティングオートメーションツール上で実現~ エクスペリアンジャパン
参照元:https://www.experian.co.jp/news/newsrelease_20160510.html
元の記事を読む