Amazon Video DirectはYouTubeの対抗馬となるか

2016/05/17
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Amazonが発表した動画投稿サービス「Amazon Video Direct」について、利用体験も踏まえて可能性を読む。
アメリカ、ドイツ、オーストリア、イギリス、日本で開始され、YouTubeの対抗と報じられている同サービス。一番のポイントは広告付き無料動画だけでなく、買い切り型、レンタル型などさまざまな課金形式を選択できること。
利用時の登録情報が多く、初期パートナーは、ジャンル特化またはプレミアムコンテンツに注力する企業。こうしたことからYouTubeよりプロフェッショナルなクリエイターをターゲットにした戦略だとみる。
通常、売り切り型や定額課金型サービスは、プラットフォーム側がコンテンツを選定してクオリティを担保しユーザーの満足度を高める。クリエイター側が売り方を選べる同サービスが、ユーザーにどうコンテンツを整理して見せていくのかが今後の焦点だとする。

2016/5/13 Amazon Video DirectはYouTubeの対抗馬となるのか!? UUUM CFO 渡辺崇の動画市場最前線
参照元:http://cfo.blog.uuum.jp/entry/2016/05/13/211543
元の記事を読む
タグ: