FinTechは銀行の固定費を削減することに大きな力を発揮するのではないか ――みずほFG 山田CDIO

2016/05/18
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

みずほ銀行を擁するみずほフィナンシャルグループ執行役常務の山田大介氏に、FinTechへの取り組みについて聞く。
みずほ銀行は、LINEのトーク画面上で残高を確認できる取り組み、資産運用ロボによるアドバイスサービス「SMART FOLIO」の提供など、FinTechに積極的に取り組む。マネーツリーやマネーフォワードといったスタートアップ企業とも連携。ソフトバンクのPepper、IBMのワトソンを使った取り組みも昨年から始めている。
今春、CDIO(Chief Digital Innovation Officer)を新たに設置。時代の変化を感じ、変化の必要性を知る山田氏は、試案としてポイントのオークション市場も考えられると語り、公共料金の口座振替の仕組みで技術革新を起こすことに言及。

2016/5/16 「フィンテックは必ずしもハイテクばかりではない」--みずほFG 山田大介執行役常務・CDIOインタビュー ZUU online
参照元:https://zuuonline.com/archives/106805
元の記事を読む