ルミネ、LINE ビジネスコネクトを活用し、EC会員優待情報を配信。高いクリック率とCVRを実現

2016/05/20
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ルミネは、LINE公式アカウントを2014年2月に開設し、現在までに約830万人の友だちを獲得。LINE ビジネスコネクトでユーザーとより密接な関係を構築すべく、エイジアの「WEBCAS taLk」を導入した。
WEBCAS taLkでは、LINE ビジネスコネクトを活用し、自社データベース登録ユーザーから対象を絞ってLINEでのメッセージ配信を行える。ルミネでは、EC会員ID(アイルミネ会員ID)とLINEアカウントを連携させたユーザーに向け、WEBCAS taLkを使ってセール情報やクーポン情報を配信し、サイト流入と購買機会を創出。クリック率は平均10%を超え、コンバージョン(購買)率も公式アカウントより高かった。
IDの連携はユーザーが行う操作であるため、特典プレゼントキャンペーンを実施して連携を促した。

2016/5/18 エイジア、ルミネのパーソナライズしたLINEメッセージ配信支援のためLINE ビジネスコネクト連携メッセージ配信システム「WEBCAS taLk」を提供―LINEで「EC会員が求めるお得情報」を配信、高いクリック率・CV率を実現 エイジア
参照元:http://webcas.azia.jp/newsrelease/news352.html
元の記事を読む
タグ: