成果につなげるコンテンツマーケティング、その目標設定とは?

2016/05/26
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Faber Companyの小川卓氏が、コンテンツマーケティングの考え方やノウハウを紹介する連載。第1回は目標設定について解説。
コンテンツマーケティングを評価するためには、アクセス数だけではなく専用の指標を準備する必要がある。PV、直帰率、滞在時間など指標の候補は多いが、これらの数値から気づきを発見したり、改善に生かしたりすることは簡単ではない。
その評価にあたってポイントとなる1つは、目標を常に見直して変えていくこと。コンテンツが成果を生むまでには、「集客」「閲覧」「誘導」「成果」の4つプロセスを経る。目標をこの段階ごとに変えていくと考えることが大事。
もう1つのポイントは、成果までの「チェックポイント」を用意すること。「最終ゴールに到達しないが、閲覧者の態度変容を起こした」といったものを「チェックポイントの成果」として設定する。
各ポイントで使うGoogleアナリティクスや「ミエルカ」の機能も解説。
この2つのポイントに、ユーザー視点でみたときに目標を達成できているかどうか、という視点を加えてほしいと説く。

2016/5/24 コンテンツマーケティングの成果を測るうえで大切な2つのポイント×4つの力とは? Web担当者Forum
参照元:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/05/24/22748
元の記事を読む