「優秀な店員」としてメールを活用。オフサイトでの接客向上を実現 ――マガシーク

2016/05/31
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

国内外の600ブランド、10万アイテム以上の取扱商品の中から、顧客に合ったファッションを提案する「マガシーク」は、ユーザーの行動をオンサイトとオフサイトに分け、それぞれに適したアプローチを実施。
オンサイト時には、レコメンデーションエンジンとウェブ接客ツールを組み合わせて最適な案内を出す。
オフサイト時には、ユーザーごとに適したキャンペーン情報や商品情報をメールで配信。「Salesforce Marketing Cloud」を活用する。
マガシークで配信するメールは、一斉配信されるものとパーソナライズドメールの2種類。後者では、「欲しいものリスト」のキャンペーン情報や、登録している好きなブランドの情報を届けており、1通当たりの売上単価は、一斉配信メールと比較し最大数十倍になることもあるという。
【PR企画記事】

2016/5/24 「優秀な店員が営む、私のためのセレクトショップ」を実現する、マガシーク流デジタル接客術 MarkeZine
参照元:http://markezine.jp/article/detail/24271
元の記事を読む