オプト、動画によるブランド価値向上を追求する研究所「Branded Movie Lab」を設立

2016/06/10
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

パシフィックボイスとの共同事業として設立。2社で協業して、次代の動画の企業活用法と価値を示し、企業活動の発展と映像文化貢献を目指すとする。ブランデッドムービーを「コンテンツ自体が魅力・価値を持ち、オーディエンスとの繋がりを生むブランドのメッセージがあるもの」とし、企業と生活者の新たなコミュニケーションを創出していく。
同研究所は、オプトが立ち上げた、デジタル時代におけるブランドコミュニケーションを追求する「デジタルブランディングプロジェクト」の第1弾。2015年から専門の部門を立ち上げ、デジタルを起点としたブランド戦略立案・実行の支援をしてきた同社は、その取り組みや研究を基盤に、同プロジェクトでブランド広告市場におけるデジタル活用を活性化させるという。

2016/6/7 オプト、動画によるブランド価値向上を追求する研究所「Branded Movie Lab」を設立 オプト
参照元:http://www.opt.ne.jp/news/pr/detail/id=3556
元の記事を読む
タグ: