ITとマーケティングが融合する中、デジタルマーケティング担当の役員が必要に ――第30回WABフォーラム

2016/06/13
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

第30回WABフォーラムをレポート。
Web広告研究会が毎年発表するWAB宣言、本年度は「デジタルの変化に対応できないマーケターは淘汰される」。
第一部では、キリンの橋本氏とオイシックスの奥谷氏、「Web人大賞」を受賞した2人が対談。
奥谷氏は、オムニチャネル時代では「顧客時間」を重視すべきで、それを可視化するためにデジタルマーケティングが必要だと説明。「Engagement Commerce」というコンセプトを掲げ、オンラインとオフラインで各部署が総力をあげて顧客との絆を作る統合マーケティング戦略が重要だとする。
「ブランドを基軸とした経営」を推進し、組織改革を進めてきた橋本氏は、「モノからコトへ」「キリン主語からお客様主語へ」と、自社のマーケティングを変えてきたと語る。デジタルマーケティングの重要性を経営陣に理解させるにあたり、「わからないからこそ、今、始めないと大変なことになるという雰囲気を作ったことが大きい」と語る。
奥谷氏は、顧客と商品の心理的距離がもっとも近くなるのは、購入後の使用や消費の時で店頭ではないとし、橋本氏と議論。橋本氏も、購買後の体験の重要性に言及しブランド体験の効果計測が課題だとした。

2016/6/10 「デジタルの変化に対応できるマーケターの力――キリン 橋本常務とオイシックス 奥谷氏が語るマーケティング」2016年3月24日開催 第30回WABフォーラムレポート第一部 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会
参照元:https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/2377
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: