SSPプロダクト提供だけでなく「メディアの成長を共創する」コンサルも ――VOYAGE GROUPのSSP事業拡大戦略

2016/06/14
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

VOYAGE GROUPはSSP国内最大手。ビジネスは好調としつつも、事業成長はしているが、市場の成長曲線は緩やかになったとの見解を示す。
動画広告に取り組むにあたり、ゴールドスポットメディアを子会社化。動画領域でさまざまなフォーマットを用意し、メディアに合わせて配信していく。市場はまだインストリーム型広告がメインだが、今後アウトストリームに予算が流れてくると読む。
SSPは競争が激化しているため、一部のメディアにコンサルティングサービスの提供を開始。メディア訪問者の回遊率を増やすなど、広告マネタイズ以外のコンサルテーションを行う。広告は事業の一手段であり、コンサルや課金、デバイスの拡張なども見据えているという。これまではPCとスマホだったが、IOTやVRが広がると、どこがメディアになるかも変わる。そのチャンスも狙っていきたいと語る。

2016/6/10 「メディアの成長を共創する」 VOYAGE GROUPのSSP事業拡大戦略 [インタビュー] Exchangewire
参照元:http://www.exchangewire.jp/2016/06/10/interview-voyage-group-ssp/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: