クレディセゾン、「セゾンDMP」を構築し広告配信を最適化

2016/06/20
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

クレディセゾンは「セゾンDMP」を構築。同社が保有するデータを活用して、より個人に最適化した販促ができる。ポイントサイト「永久不滅ドットコム」に出店する通販企業にも広告出稿を呼びかけていく。
永久不滅ドットコムや、クレジットカードの利用明細を確認できる「Netアンサー」、また、アドネットワークや広告配信プラットフォームを用いて外部メディアにも広告を出す。
入会時に本人確認済みの正確な個人情報を把握できている点や、カード利用実績がデータとして蓄積されている点が強み。こうしたメリットを通販企業に訴求し、キャンペーンなどでの出稿を促す。これまで、対象者を絞ったキャンペーンは絞り込みに時間と手間を要し、需要を逃してしまうおそれがあったが、DMP構築でよりタイムリーな配信ができるようになった。顕在化したデータを持つユーザーと共通項を持つ潜在層を抽出し、広告配信することで需要喚起も期待できる。
今後はクレディセゾンが提供するスマートフォン向けのアプリとも連携するという。

2016/6/16 クレディセゾン  広告配信を最適化、潜在需要を喚起 通販新聞
参照元:http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2016/06/post-2545.html
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!