コンテンツはマーケティングの1ピースではなく、企業を成長させる原動力

2016/06/21
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

コンテンツマーケティングのPercolateは、2016年のトレンドに関する報告書で「企業はすべてのメディアにおいてシームレスな体験を利用者に提供するべきだ」と分析。消費者が見たいものや聴きたいものを選ぶことができる現在、そのカスタマー・エクスペリエンスの中心となるのがコンテンツ。消費者の関心を得るためには魅力的なストーリーを提示できなければならず、この課題に答えを出そうとしているのがコンテンツマーケティングだとする。
コンテンツに対する注目はここ5年で高まり、コンテンツを作るチームを社内に設置する企業も出てきた。企業の価値やミッションを伝えるためにジャーナリストを採用して、消費者を引き込むようなストーリーを描かせているという。Contentlyの編集長であるJoe Lazauskas氏は「本格的なコンテンツ専門チームを立ち上げる企業は5倍に増える」とみる。

2016/6/17 「全ての企業はメディア化する」 コンテンツマーケティングの大潮流 Forbes JAPAN
参照元:http://forbesjapan.com/articles/detail/12528
元の記事を読む