Reuters Instituteが調査、日本はアドブロック利用の割合は低い

2016/06/27
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Reuters Instituteが発表した「Digital News Report 2016」によれば、ニュースをオンラインで読むユーザーと35歳未満のユーザーがアドブロックをもっともよく利用。その一方で、スマートフォンユーザーの間ではまだアドブロックは広く普及しておらず、アドブロック利用者の割合は8%だという。
調査結果は国や地域で大きく異なる。米国、英国、日本、ポーランド、ドイツの5カ国を比較し、日本では、広告をブロックしている回答者は10%と低く、全年齢において低い割合となっていることを指摘。
アドブロックはパブリッシャーが直面している大きな問題のひとつだが、レポートは、現在、多くのパブリッシャーがスポンサードコンテンツにシフトしており、同コンテンツはブロック困難だとする。

2016/6/24 世界の「アドブロック」状況がよくわかる4つのグラフ:日本は心配無用(いまのところ)という調査結果 DIGIDAY
参照元:http://digiday.jp/publishers/global-state-of-ad-blocking/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!