「SNS旅トレンド調査」でファン参加コンテンツが話題に ――エイチ・アイ・エス

2016/07/07
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

エイチ・アイ・エスは、旅行需要の喚起を目的にSNSを活用。「SNS旅トレンド調査」は話題になり、露出の増加、認知の向上に成功。経産省がまとめた「ソーシャルメディア活用ベストプラクティス」でも取り上げられた。
同投票企画は、投票内容の事前募集、投票、結果発表の3段階でユーザーとの関係性を深め、一体感を醸成するよう配慮しているという。
季節性があるものやタイミングの良いものの反響がより大きいため、ユーザーの注目が集まり、メディアにも求められるタイミングを見極めて企画しているという。KPIとしてメディア掲載を重要視。
SNSではサマリーを発信し、オウンドメディアでより深い情報を掲載。今後の展開として、旅を促すためのコミュニティ化やO2O施策を考える。2015年10月には、コンセプトショップ「H.I.S.旅と本と珈琲と」を表参道にオープン。Instagramアカウントでは、ハッシュタグを活用し、フォトコンテストを実施。

2016/7/4 ファンと作るランキング記事が数億円の露出効果に! H.I.S.のSNS運用事例 ソーシャルメディアラボ
参照元:http://gaiax-socialmedialab.jp/post-39543/
元の記事を読む