何をやっているのかわからないまま動画施策に取り組む現状。その課題を解決 ――メタップス

2016/07/08
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

メタップスの恒田氏と平氏にインタビュー。同社は2016年4月に動画マーケティングに進出。現在、動画をキーワードに動画編集アプリ「FilmStory」、インフルエンサーを活用したマーケティング支援の「BUZZCAST」、動画制作から評価までワンストップでできる「LOOP」の3事業に取り組む。
同社はデータを集めて分析し、どう価値に変えていくかをベースにビジネスを展開しているため、アーリーアダプターからマジョリティへと市場が広がるタイミングで動画ビジネスに打って出たという。
動画施策がイベント的で曖昧である現状に課題を感じ、データ分析によってノウハウを構築し、動画市場の活性化を促すべく「ビデオマーケティングラボ」を設立したと語り、メタップスのデータ活用は動画市場全体で活き、支援強化が可能だとする。

2016/7/6 先陣を走る!メタップスだからこそ見える「動画市場の今、そして近未来」 [インタビュー] ExchangeWire
参照元:http://www.exchangewire.jp/2016/07/06/interview-metaps-video-ad/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!