本格化するMAツール導入、複雑で困難な比較・検討は専門家に相談

2016/07/11
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

アイ・エム・ジェイの江端浩人氏が、マーケターが押さえるべきデジタル時代の最新トレンドとして、マーケティングオートメーション(MA)について解説。
MAツールの一般的な機能として、データセグメンテーション、シナリオ設計・自動化、クリエイティブの作成・パーソナライズ化の3つを挙げ、基本的な内容を説明。ツール連携によるクロスチャネル配信に注目が集まる一方、Marketo社がVista Equity Partnersに買収されるなど、世界市場で業界再編が進んでいる現状を説明。
これから本格化する国内企業の導入においては、専門家に相談することを勧め、女性ファッションブランド「FABIA」を運営するオットージャパンのSalesforce Marketing Cloud導入事例を紹介する。
【PR企画記事】

2016/7/7 デジタルトレンド最前線 — マーケティングオートメーション AdverTimes
参照元:http://www.advertimes.com/20160707/article228722/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!