「4割成長を維持するという考え方ではダメ」 ――ヤフー小澤氏にショッピング事業の戦略を聞く

2016/07/12
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ヤフー小澤氏にインタビュー。「Yahoo!ショッピング」は、2013年秋に出店料など手数料を無料化し、2015年からポイント還元も強化。2015年度の流通総額は、アスクルと共同運営する「ロハコ」との合算で約3,800億円で前年比4割増となった。2016年度も同程度の伸び率は実現するとしつつも、小澤氏は、顧客の満足度を高めて集客力を上げ、成長をさらに加速すると語る。
手数料の導入は考えていないという。後払い型の広告商品「PRオプション」は、手数料を無料にしている分、予算をかけようとする意欲が生まれやすく、流通総額が伸びるのに連動してヤフーの収益も増えていくと期待をかける。検索事業で培った技術を投入して作り上げ、他のEC事業者にはまねできないとする。

2016/7/7 ヤフー小澤氏「楽天、アマゾンはまだ遠い」 ショッピング事業を率いるキーマンを直撃 東洋経済オンライン
参照元:http://toyokeizai.net/articles/-/126138
元の記事を読む
タグ: