Facebook、Instagram、LINE@、Weibo、WeChatなどにどんどん投資。「カスタマープラットフォーム」戦略で会員40万人に ――Relux

2016/07/13
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

会員制の宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」は、オンライン旅行業界に2013年に参入し、現在会員数約40万人。SNSを、潜在顧客をプールしている「カスタマープラットフォーム」と位置づけてフル活用することで、後発ながら会員数を伸ばしてきたという。
顕在ニーズの刈り取りは競合が多いため、潜在層にリーチする方法をとった。まずFacebookページの「いいね!」獲得に注力。順調に増え、現在「いいね!」数は約50万で業界で一番多いという。予約するユーザーの流入経路もFacebookが一番多く、旅行ニーズが顕在化した時に誘導する戦略は、成功していると語る。
カスタマープラットフォームのメリットは、会員になったユーザーと常に接点を持てること。成功のポイントは、CPAやLTVを無視して、新興SNSにもどんどん投資をすることだという。
「確実に来る未来に投資する」のは合理的な考え方であり、InstagramやSnapchatが日本で広がるのはもう確実な未来だとする。

2016/7/9 目先のCPA・LTVは無視!?会員40万人のReluxを支える、SNSマーケティングの考え方 SELECK
参照元:https://seleck.cc/article/455
元の記事を読む