急成長企業のデジタルマーケティング担当が集った「Marketo Marketing Up」をレポート

2016/07/14
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

「Marketo Marketing Up」をレポート。急成長スタートアップ56社のデジタルマーケター63人が集い、パネルディスカッション形式で、これからの時代のマーケティングについて共有し合った。
他社のベンチマークのしかたで各社に共通していたのは、真似るためではなく、「参考にして先行する」という考え方。異分野の企業の成功事例をベンチマークしているという。
エンゲージメント拡大にあたっては、データも重要だが、定性調査も重視。数値的なデータ以外も取り入れていくのがこれからのマーケティングの重要なポイントの一つとする。
テクノロジーの進化と共に取得できる数字が増える一方、部署を超えて同じKPIを追える環境も整備されてきている。今までと違うKPIを立てる必要も出てくるが、マルケトの大里氏は、KPI設定はチーム内で全力で納得するまで悩むべきだとする。

2016/7/11 急成長企業のデジマ担当が実際に追うKPIとは?Marketo Marketing Upイベントレポート BITA デジマラボ
参照元:https://bita.jp/dml/marketo_mup
元の記事を読む