動画再生回数は大幅増。共有環境を整え動画活用に注力するTwitter

2016/07/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Twitter Japanで「プロモビデオ」を含むブランド広告製品を担当する寺島氏にインタビュー。
Twitterユーザーの82%が動画を視聴し、うち50%は、1日1回以上の頻度で視聴。動画を含むツイートは、画像入りのツイートに比べ、約6倍のリツイート率になるという。リツイート件数が多い投稿動画の共通点は、視聴者に何らかの感情を湧き起こす内容であることで、その傾向は動画広告にも当てはまるとする。
Twitterアプリからも直接撮影・配信できるPeriscopeのライブ放送。その特徴を活かし、広告として生中継動画を配信するサービスの導入を目指しており、すでに一部企業が、商品発表会や販促イベントのライブ放送動画を広告配信しているという。
プロモビデオは、Twitterのライブ性を活かし、適切なタイミングで、また積極的なエンゲージメントが期待できる形で配信できる。そのクリエイティブやツイート本文のポイントを解説し、成功事例として、ブランド好意度が+5%、ブランドへの親近感は+14%となったMicrosoft Surface、購入意向が+9%となったMasterCard、自発的な視聴意向が最大2倍となったReebokなどを紹介。
【PR企画記事】

2016/7/13 【編集長インタビュー】プロモビデオ担当者に聞くTwitterの動画戦略と動画キャンペーンの効果を高めるヒント movieTIMES
参照元:http://www.movie-times.tv/feature/8832/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!