「縦型動画」の特徴、人気の採用サービス、成功事例を紹介

2016/07/19
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

スマートフォンシフトが進むなか、モバイルフレンドリーなUIで注目される縦型動画について、流行の背景と現状、事例を解説する。
採用しているサービスとして、デイリーアクティブユーザー数が1億5,000万人を突破し、1日の動画視聴再生数が100億回を超えたとされるSnapchatをはじめ、Periscope、Meerkat、C CHANNELを挙げてそれぞれの特徴などを説明。YouTube、Vimeo、Facebook、LINEなど既存メディアの対応状況も伝え、同じく注目されるスクエア動画にも焦点を当てる。
縦型動画のクリエイティブの成功事例をとして、話題になったlyrical schoolのミュージックビデオのほか、Yahoo! Japanのアニメーション映像、Audi、Coca-Cola、The Washington Postを紹介。

2016/7/14 2016年の最新トレンド「縦型動画」の特徴と成功事例 Viibar動画研究所
参照元:http://viibar.com/doken/basis/vertical_videos
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: