「CPA」「ROAS」「LTV」などネット広告の基本指標を解説

2016/07/20
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ネット広告(運用型広告)実施にあたり理解しておくべき数値を、ECの観点で説明。損益分岐点や基本指標を解説する。
人件費、サーバー費用などの固定費と、売上高の増減にともなう変動費、そしてこうした事業にかかるコストを踏まえた自社の損益分岐点とコスト構造の把握を促す。
1商品の販売で許容できる広告費(CPA=Cost Per Acquisition)の算出にあたっては、運用型広告の広告表示機会の獲得が広告費上限が高いほど有利であるため、リピート回数増加を見込み、顧客生涯価値(LTV=Life Time Value)を算出してCPAを引き上げる。
複数の商品を取り扱う場合は、CPA指標も重要だが、投下した広告費がどの程度の売上となったか(ROAS=Return On Advertising Spend)を把握する。
これらのキーワードや算出方法を表にまとめて提示。

2016/7/15 「CPA」「ROAS」「LTV」などのネット広告の基本指標、EC担当者は理解していますか? ネットショップ担当者フォーラム
参照元:https://netshop.impress.co.jp/node/3204
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: