ジーフット、オムニチャネル施策をベースにEC強化を加速

2016/07/25
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

イオングループで靴専門店チェーンを展開するジーフットは、2016年6月に、店頭に設置した大型のデジタルサイネージを通じて店やECの在庫状況がわかる「ぴたトリ」サービスを5店舗で開始。今後約100店舗への導入を計画する。また、リアル店舗とECの連携を強化すべく、年内にもスマートフォンアプリをリリースする予定。早期に100万~200万件のダウンロードを目指すという。
全社売上に占めるEC化率1.1%を5~10%(50~100億円規模)に高めることが同社の当面の目標。2016年10月末目標で自社通販サイトを大幅刷新し、「アスビー」「グリーンボックス」「フェミニンカフェ」の主要3業態でECと情報サイトを別々に運営しているが、刷新時に統合するという。

2016/7/21 ジーフット、オムニ化施策で成果も、スマホアプリで顧客情報統合へ 通販新聞
参照元:http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2016/07/post-2580.html
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!