アクションを身近に感じる没入感を実現。360度動画の新手法5選

2016/07/25
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Facebookの360度動画プラットフォームでは、2016年4月までの12カ月間に、2万を超えるアップロードがあり、YouTubeにアップされた360度動画の大半は再生回数が10万を超えているという。360度動画の可能性を試す5つの広告を紹介。
FIAフォーミュラEチャンピオンシップは、短編動画コンテンツに没入感を付加。サッカークラブチームのウエストハム・ユナイテッドFCは、映画的アプローチで取り入れた。オンライン通販ブランドのジョージは、自社の商品でコーディネートされた家の中に隠しコンテンツを配し、ユーザーが見つけられるようにした。ロールスロイスはグラフィックとサウンドを駆使して没入感を高めた。アウトドアファッションブランドのバブアーは、報道関係者やVIPしか入れなかった場所にファンを招き入れた。

2016/7/21 この手法は新しい! いま体験すべき「360度動画」広告5選:映画的演出、イースタエッグ、バイラルなど… DIGIDAY
参照元:http://digiday.jp/brands/5-ways-uk-brands-are-using-360-degree-video/
元の記事を読む
タグ: