FacebookとInstagram、2016年上半期のアップデート情報をまとめて紹介

2016/07/26
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

2016年上半期に発表されたFacebookとInstagramのアップデートの中から、ビジネス活用のために知っておきたい変更点を紹介。
Facebookでは、6月に、ニュースフィードのアルゴリズムが変更され、友人や家族の投稿が優先されるようになった。同じく6月に、複数枚の写真や動画をまとめる「Slideshow」機能の提供を発表。5月には、Facebook Audience Networkで、Facebook非利用者にもFacebook広告を表示できるようになり、リーチが拡大。4月には、月間アクティブユーザー数が10億人となったMessengerで、短縮URL「Link」やスキャンできるコード「Code」を提供するなど、Facebookユーザーと企業がより簡単に連絡を取れる仕組みを追加。
Instagramでは、6月に翻訳機能の追加を発表。また、検索タブに新機能が追加され、ユーザーが気に入っているトピックの動画をより簡単に閲覧することができるようになった。5月には、企業やブランド向けに新しい分析ツールを発表するとの報道も。3月には動画再生時間が15秒から最長60秒に延長された。2月には、動画の再生回数が表示されるようになり、複数アカウントの切り替えが可能に。1月には、タイムラインにアルゴリズムが導入され、ユーザーの関心が高い順にフィードでの投稿が表示されるようになった。

2016/7/22 【Facebook&Instagram】SNSのビジネス活用のために知っておきたいアップデートまとめ<2016年上半期> SMMLab
参照元:http://smmlab.jp/?p=42163
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: