消費者は買い物でどのチャネルの情報を参考にしている?性年代、商品ジャンルで調査

2016/07/27
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

商品ジャンル別、性年代別に、消費者が商品購入時、参考にする情報源を調査。商品ジャンルを「ギフト用の食品」「ファッションアイテム」「雑貨・インテリア」「家電」の4つに絞った。
商品情報に関する確認方法は、「店舗の現物」での確認が圧倒的に多いが、「インターネット・アプリ」の比率も高い。
「インターネット・アプリ」を情報源にしている割合が高い傾向にあるのは、ファッションアイテムにおける、30~59歳の女性(40%超)と、家電。家電は、20~49歳男性で、「店舗の現物」と「インターネット・アプリ」がほぼ同等の割合となった。

2016/7/25 消費者は買い物時にどのチャネルの情報を参考にしているの? 4412人に聞きました ネットショップ担当者フォーラム
参照元:https://netshop.impress.co.jp/node/3194
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!