トヨタ、基盤システムを活用し、顧客の行動や意向を予測できる体制目指す

2016/07/27
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車のデジタルマーケティング活動の基盤システム「TOYOTA Digital Marketing Platform(TDMP)」は「Microsoft Azure」上で開発・運用している。ブランド別に分かれていたウェブサイトを全社サイト「toyota.jp」に統合。その月間1,000万ユニークブラウザにおよぶ閲覧者の利用履歴をもとに、TDMPを活用して利用者の購買意向を推測し、購入促進や機会損失の低減を図る。
TDMPに蓄積したデータをもとにカスタマージャーニー作りを進める。最終的には、顧客の行動や意向を予測し、リアルタイムに対応する体制を築く方針。

2016/7/26 トヨタがデジタルマーケティングに本腰 「データで顧客を知る」 ITpro
参照元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/072200587/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: