YouTubeの膨大な視聴者が対象。TrueView活用を解説

2016/07/29
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

YouTubeの動画広告であるTrueViewを活用した動画マーケティングを解説。
YouTubeユーザー5,000万人がリーチ対象となり、年齢・性別・地域・好み・キーワード・視聴端末・視聴する曜日や時間帯などを絞ってターゲティング配信可能。CTAなどから自社サイトに誘導でき、AdWordsのリマーケティング機能が使えるため継続的に興味喚起できる、といったメリットがある。
広告タイプは3種類。ユーザーが目的の動画を視聴する前に表示される「インストリーム」は30秒以上視聴されると課金。YouTube内の検索結果画面に表示される「インサーチ」はクリックされた場合のみ課金。動画視聴ページやチャンネル上で、ユーザーが視聴中の動画との関連の高い広告が表示される「インディスプレイ」はクリックして再生された場合のみ課金される。

2016/7/27 これだけおさえておけば完璧!TrueViewを使った動画マーケティングをマスターしよう VIDEO SQUARE
参照元:https://crevo.jp/video-square/column/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8A%E3%81%95%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%91%E3%81%B0%E5%AE%8C%E7%92%A7%EF%BC%81trueview%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%83%9E/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: