電通が米国独立系で最大級のデータマーケティング会社 「マークル社」のマジョリティー株式を取得

2016/08/12
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

電通の海外本社である電通イージス・ネットワークが、Merkle Group Inc.(以下、マークル社)のマジョリティー株式を取得することに、同社株主と合意したと発表。マークル社のサービス領域は、事業戦略や顧客戦略の策定、クラウドを活用したデータ&CRM管理、分析&インサイト、最適なチャネル/メディア/テクノロジー/プラットフォームの活用、クリエーティブやコンテンツの制作、キャンペーンのプランニングと実施など多岐にわたる。
今回の株式取得を電通グループのさらなる成長を支える重要な投資と位置づけ、株式取得後は、世界各地に展開するグループ各社やグローバルなプラットフォーム企業との連携を図り、シナジーの創出とさらに付加価値の高いサービスの開発・提供に取り組むとする。

2016/8/9 電通、米国独立系で最大級のデータマーケティング会社 「マークル社」のマジョリティー株式の取得で合意 電通
参照元:http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0809-009003.html
元の記事を読む
タグ: