世界95カ国1万8,000以上の企業が利用。HubSpotの機能と使い方を解説

2016/08/19
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

米HubSpot社が、2016年9月に日本法人を設立し、日本市場へ本格参入。グローバルMA市場でトップシェアを誇る同社のHubSpotについて紹介する。
MA導入が進みつつある日本でMAの1つとして名前が挙がることが多いHubSpotだが、インバウンドマーケティングを実現するための統合プラットフォームであり、一般的なMAツールより広範囲に機能を備えている。
世界95カ国1万8,000以上の企業が利用。これはMarketoやPardotの3倍以上にあたるという。価格体系が異なるため単純比較はできないが、HubSpotはより小規模の企業でも利用しやすい価格体系になっているとする。
Marketoなど他のツールの機能とも比較しながら、MAとしての機能について解説。また、HubSpotが備えるSFA/CRM、CMSの基本機能も説明する。

2016/8/8 ハブスポットの基本機能と使い方:トップシェアMAツールはマルケトらと何が違うのか ビジネス+IT
参照元:http://www.sbbit.jp/article/cont1/32521
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!