Facebook、Twitter、Instagramの2016年アップデートまとめ。動画への注力浮き彫りに

2016/08/26
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

SNSのなかで比較的仕様の変更頻度が高いFacebookとTwitter、Instagramに注目。2016年の変更点をそれぞれについてまとめ、注力がうかがえる動画に関して、各プラットフォーマーの狙いを読む。
ライブ動画などを拡充したFacebookは、動画コンテンツの拡大を予想し、大手メディア企業と連携し、より多くの上質なライブ動画をフィードに流そうとしている。月間動画再生回数は80億回、一日あたりの総視聴時間は1億時間超。
Periscopeとの連携を深めるなどしたTwitterは、動画によってさらに話題化するチャンスを見出す。
Instagramはスライドショー「Instagram Stories」を導入。Snapchatの要素を取り入れ、ユーザーに受け入れられている動画コンテンツへの執心がうかがえるとする。

2016/8/24 2016年、各SNSのアップデートからみる「動画・ライブ配信」に注力する理由 ソーシャルメディアラボ
参照元:http://gaiax-socialmedialab.jp/post-41972/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!