Facebook、Twitter、Instagramの広告メニューをまとめて紹介

2016/09/01
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Facebook広告の最大の特徴は詳細なターゲティング設定。年齢、性別、市町村区まで特定してターゲティングが可能。広告種類は多いが、基本的には18種。「いいね!」数による認知拡大、顧客情報の取得など、目的によって手段が変わってくる。
Twitterはリアルタイム性や拡散力が高いのが特徴。プロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンドの3種の広告があり、フォロワー獲得、ホームページへの誘導またはコンバージョン獲得、ツイートのエンゲージメントアップ、アプリのインストールまたは起動、見込み顧客獲得、動画再生といった目的にあった広告を配信できる。ターゲティングは言語・性別・地域など9種類あり、「フォロワー」と「キーワード」によるターゲティングが特徴。
Instagram広告は画像や動画で興味喚起を促す。動画、画像、複数の画像をスライドショー形式で表示できるカルーセルの3種から選択可能で、Facebook同様に詳細なターゲティングを行うことが可能。

2016/8/29 【Facebook・Twitter・インスタグラム】おさえておきたい!国内主要SNSの広告メニューまとめ ferret
参照元:https://ferret-plus.com/5001
元の記事を読む