オウンドメディアのEC化、ポイントは一定以上の価値ある情報を提供できているかどうか

2016/09/05
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

オウンドメディアのトラフィックが増え、次の一手としてEC化で収益を上げようという場合の考え方を論じる。
メディアにEC機能を持たせて収益を出していくには、発信する情報の分野で一定以上の価値があることが必要。ペルソナ設定の素材となる情報がそのメディアに蓄積されていれば、ユーザーに何を販売するか、どのような商材が求められているかが自然に見えてくるため、売上を上げる道筋が見えやすい。
逆に、「広く情報を提供している」「フロー型の情報提供をしている」といったメディアは、「バズらせる」ことでトラフィックを獲得することはできても、ペルソナが設定しにくく、特定のカテゴリに造詣の深い集団が形成されにくいため、ECにつなげにくい。

2016/8/29 オウンドメディアのEC化について考える EC-コンサル
参照元:https://www.magolis.com/contents/content-marketing/5075.html
元の記事を読む