記事広告の接触ユーザーは外部サイトの広告効果増。間接効果が明らかに ――世田谷自然食品

2016/09/16
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

青汁や各種サプリメントを扱う世田谷自然食品は、ECでネットならではの顧客を発掘することを目的に、All Aboutに記事広告を出稿。評価期間は1カ月半として、ロックオンがカスタマージャーニー分析などを担当し、コンバージョンまでの間接効果を可視化。
記事広告の閲覧ユーザーを、施策単位ではなくジャーニー単位で分析。記事広告は直接のコンバージョンに大きく影響していなかったが、記事広告の閲覧後、離脱したユーザーの相当数が、その後にバナーやリスティング広告を通してLPに流入。直接遷移先に誘導されず、検索を含む外部サイトでの広告によりサイトに来訪していることがわかった。記事を閲覧後に広告をクリックしたユーザーは、閲覧していないユーザーと比べ約1.5倍広告をクリックしていたという。
【PR企画記事】

2016/9/14 コンテンツの“施策”軸では測れない価値 “人”軸のカスタマージャーニー分析で記事広告の効果が明らかに MarkeZine
参照元:https://markezine.jp/article/detail/25029
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!