米Salesforce.com、AIプラットフォーム「Einstein」を発表

2016/09/23
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

報道陣向けの電話会議で、同社のジョン・ボール氏は、「コンシューマの世界ではすでに当たり前になっているAIのパワーを、企業ユーザーにも届けていきたい」と語ったという。
Einsteinは、同社のCRM製品を利用する全ユーザーが利用可能なAIプラットフォーム。データをリアルタイムにキャプチャし、自然言語処理やディープラーニングなどの学習プロセスを経て、Salesforceが提供する7つのクラウドプラットフォーム(Sales Cloud/Service Cloud/Marketing Cloud/Commerce Cloud/Community Cloud/Analytics Cloud/IoT Cloud)に、統合されたAI機能として提供される。
同時に、Salesforceは「Salesforce Research」の設立も発表。最先端のマシンラーニング/ディープラーニング、自然言語処理、コンピュータビジョンなどの研究を行っていくという。

2016/9/20 AIのパワーをすべての企業に――、Salesforce.comがAIプラットフォーム「Einstein」をリリース クラウドWatch
参照元:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1020905.html
元の記事を読む