Adobe Campaign導入でユーザーにベストなタイミングでアプローチ。メール開封率67.7%、CVR31%を実現 ――ビジョン

2016/09/29
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

海外用Wi-Fiルーターレンタルなどを展開するビジョンは、メールの開封率をより上げるためにAdobe Campaignを導入。
事業形態上、売上を上げるには「どれだけリピートしてもらえるか」が重要。顧客接点となるメールを、欲しいタイミングで送るためにどうしたらいいか考え、同MAツールにたどり着いたという。
メールのポイントは、ウェブサイトに再訪したユーザーに間を空けずにメールを送ること。ユーザーにとって有益な情報を興味がある時に届け、メールの開封率は67%を実現。開封者のコンバージョンは31%を超えた。サイトに来訪していないユーザーには、次の利用時期を尋ね、それに合わせたクーポンで訴求し効果を上げた。
ビジネス管理プラットフォーム「DOMO」を活用して、多くの施策やKPIを管理し高速でPDCAをまわしているという。

2016/9/27 メール開封率67.7%開封者CVR31%!強者マーケターに聞いたココだけのハナシ BITA デジマラボ
参照元:https://bita.jp/dml/vision
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!