ニューバランスとサンリオ、経験価値マーケティングでブランドロイヤルティ構築

2016/10/06
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Web広告研究会の7月月例セミナーからレポート。
ニューバランスは、スポーツブランドのトップ3になることを目指しブランドプラットフォーム「ALWAYS IN BETA」を展開。リアルな場での体験を通して製品価値やブランド価値を伝えるマーケティング活動を実施。
サンリオは、顧客コミュニケーションを再構築し、リアルとネットを行き来しながらブランドロイヤルティを高める。デジタルのエンゲージメント施策として、キャラクターごとの公式Twitterアカウントでバーチャルな体験を提供。リアルプロモーションとして実施した「抱きつきプリン」では、キャラクターアカウントからの投稿が5万7,000リツイートに達し、フォロワー数が5,500増えたという。スマートフォンを使うキャラクターの投票企画も実施。リアルな体験として、サンリオショップでの購買体験の提供が重要だとする。
続く第2部では、各社が実践する経験価値マーケティングに対する考え方や手法についてディスカッション。
第2部レポートはこちら

2016/10/3 「リアルな体験がブランド愛を育む、ニューバランスとサンリオが実践するブランドロイヤルティ構築」2016年7月26日開催 月例セミナー 第1部 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会
参照元:https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/2440
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!