スマートフォン利用率が6割超に

総務省、スマートフォンの普及状況を発表

2015/08/31
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

総務省情報通信政策研究所は、東京大学大学院情報学環 橋元研究室と共同で「平成26年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」を実施し、その報告書等を公表した。
主なポイントは以下の通り。

・スマートフォンの利用率が全体で6割超に。(20代94.1%、30代82.2%、40代72.9%、50代48.6%)
・モバイル機器からのインターネット平均利用時間は50.5分(平日)。初回平成24年調査から34%増加。
・ソーシャルメディアの利用率が全体で6割超に。(20代95.0%、30代82.6%、40代70.3%、50代45.9%)
・ソーシャルメディアを利用した者の利用時間は平均70.9分(平日)で前年並み。利用者数が増加。

2015/5/19 「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の公表 総務省情報通信政策研究所
参照元:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000028.html
元の記事を読む